病気になっても
 自分らしく 生きようとする女性のために

参加者の声

乳がん・婦人科系がん患者の茶話会とケア帽子作り28.02.
(2016年2月20日)
28年2月 日( )13時から ありす 対象:乳がん・婦人科系がんの治療を受けている方 参加費; 500円 持ち物 タオル、裁縫道具 定員; 10名(先着順) この茶話会は、女性がん患者さんが悩みを話したり、イベントを通じて思いを語り、体験を分かち合い情報交換をする場所です。治療のこと、生活の事、漢方やサプリの話など病院では話せないお話や悩みなど、ゆっくり皆さんでお話をします。 和裁講師 中村先生 茶道講師 花房先生
参加者の声
茶話会に参加して 1月と2月の2回、村井さんの主催する茶話会に参加させていただきました。会では、患者さん同士で話をするほか、煎茶の先生のお点前を拝見したり、お裁縫の先生にタオル帽子の作り方を習ったりと、習い事的なことも体験できます。参加者はだいたい4、5人程度と少人数なので、あまり気疲れすることもありません。参加者は乳がんで抗がん剤治療をしている方、ホルモン治療をしている方などいろいろです。私は卵巣がんで抗がん剤治療をしたのですが、がんの部位や治療は違っても、脱毛やウィッグのこと、抗がん剤の副作用や職場復帰への不安など、がん経験者に共通した悩みがたくさんあるので、お互いの体験を話し、聞いてもらうだけで、気持ちが楽になります。がんの患者会はたくさんありますが、病院の患者会は男性もいっしょで話しにくかったりしますし、遠方で開かれるものは、体調不良のときには出かけるのがおっくうになりがちです。その点、家から近い場所で開かれるこうした茶話会は、身体にも負担が少ないですし、同世代で女性同士ということで気兼ねなくおしゃべりできるのがいいですね。おしゃべりを通して、お互いの得意分野で情報交換をすることもあります。私は抗がん剤治療後、冷たい水が歯にしみることがあったのですが、ウィッグということもあって、今まで行っていた歯医者さんに行くのをずっとためらっていました。ところが参加者の方にちょうど歯科衛生士の方がいて、抗がん剤治療中の人も積極的に受け入れてくれる近くの歯科医を紹介していただき、とても助かりました。2回目のときは、外国人の方も参加していました。日本に長く住んでいるとはいえ、外国で手術や治療を受けるのはとても不安です。その方とは、茶話会の帰り、駅までバスでいっしょだったのですが、バスの中でもいろいろなことを話して、最後にはハグして別れました。彼女が「少し元気になった」と言うのを聞いて、私も少し元気になりました。私たち女性のがん患者は、健常人にはなかなか想像しにくい悩みや孤独感を抱えつつ、それでも、毎日家族のために心を砕き、働いています。家族に言うとかえって心配かけるからと、つらさやしんどさを外に見せないようにすることもあります。そのストレスは自分が思っている以上に大きなものです。「ありす」さんの茶話会は、そんな女性がん患者の心をやわらげてくれる貴重な機会です。がん患者の集まりと聞くと、へんなサプリメントを売りつけられるんじゃないか、宗教への入信を勧められるんじゃないか、などと、心配する人もいますが、そんなことはまったくありませんから大丈夫ですよ。迷っている方は、ぜひ一度気軽な気持ちで参加してみてください。
50代
乳がん・婦人科系がん患者の茶話会28.01
(2016年1月20日)
参加者の声
~お茶会に参加して~わたしが乳がんを告知されたのは15年1月。それからまるでジェットコースターにのってるみたいに次から次へ、ひとつずつ難題を乗り越えてきた昨年一年間でした。仕事を休むことなく職場へすぐに復帰しフルに働いて家事と両立してきました。主治医の先生や周りの協力なくしてはここまでこれなかったと感謝するものの、自分の内に秘めた孤独や悲しみが溢れてくることもありました。そんな時は、’同じ立場の人はどんなふうに過ごしているのかな”とふと思うこともありました。そんな時、がん患者どうしコミュニケーションをとるグループと孤独に闘病するグループではコミュニケーションとったグループのほうが治癒率が高かったという外国での臨床論文を読みました。やはり悩みは外に吐き出して解決したほうが心が軽くなるからなんだなと納得しました。 現在ではコミュニケーションといってもネットを通してのものもありますので10年前と比べさほど差が無くなっているとはいうものの、自分が1月にエピテーゼのお茶会に参加してみて、つらい立場にいる方が笑顔で過ごされているのを見て、とても励まされ力が湧いてきました。同じがんを患った方にお会いし、お話をしてみてとても気持ちが楽になりました。いまわたしは1日1日を大切にして感謝の気持ちで過ごすことができています。朝目覚めて、感謝して1日頑張って夜に眠る。その事がしあわせなのだと思っています。一生の終わりに残せるものは人に与えたもの。……財産ではない。ならば精一杯仕事をしながら人の役にたてればと思い毎日研鑽を積み皆さんの健康のためお返しできればと医療職のはしくれのわたしはそう思っています。皆さんも是非がん患者どうしの良好なコミュニティーを持ち、自分の心を明るくして過ごされて欲しいなと思います。来年もまた桜が見られますように。
40代
4 / 4